日本農薬学会

   

第37回農薬環境科学研究会開催案内

テーマ: 「グリーンケミストリー」-有機化合物の合成と分解に学ぶSustainability-

日時:令和元年11月21日(木)~22日(金)

場所:倉敷せとうち児島ホテル
   〒711-0927 岡山県倉敷市下津井吹上303-53

1.プログラム(予定)


11月21日(木) 12:30~18:00
12:30~受付開始(委員会は12:00~13:00)
13:15~13:30 開会挨拶(農薬環境科学研究会委員長 髙木和広), 司会・会場注意(清田実行委員長)

1) 13:30~14:20 基調講演:「結晶スポンジ法を用いた微量有機化合物の構造解析」
   東京大学大学院工学系研究科 藤田 誠
2) 14:20~15:00 「亜臨界水による木質バイオマスの分解とバイオプラスチックモノマーの生産」
   岡山大学大学院環境生命科学研究科 木村幸敬
    15:00~15:15 休憩
3) 15:15~15:55:「PETの酵素分解はどの程度可能になったか」
   京都工芸繊維大学名誉教授 河合富佐子 
4) 15:55~16:35 「酵素利用による機能性糖質の開発」
   (株)林原 生産統括部 万代隆彦
   16:35~16:50 休憩
5)16:50~18:00 ポスター発表
6)18:30~20:30 情報交換会


11月22日(金) 9:00~15:30
1) 9:00~9:50 特別講演1 「水が拓く有機化学」
   東京大学大学院理学研究科 小林 修
2) 9:50-10:30:「有機色素を用いる人工光合成:色素内包CNTを利用した完全水分解」
   岡山大学大学院環境生命科学研究科 高口 豊
    10:30~10:40 休憩
3) 10:40-11:20:「脂質合成とグリーンケミストリー」
   愛媛大学農学部 安部真人 
4) 11:20-12:00:特別講演2 「岡山県におけるモモ栽培の歴史と培われてきた技術による高品質化」
   岡山大学大学院環境生命科学研究科 福田文夫
     12:00~12:30 総合討論(司会:髙木委員長)
     12:30~12:40 閉会挨拶(清田実行委員長)

    13:00~15:30 エクスカーション

2.参加申込み

1)参加申込み方法
所定の参加申込書に、所属、氏名(フリガナ)、連絡先等の必要事項を明記の上、令和元年10月28日(金)までにE-mail(別紙1のWordファイル形式のまま)、ファックスまたは郵送で下記にお申し込み下さい。
なお、発送事務等の省力化のため、会社・事業所・研究機関等の単位で代表者が取りまとめの上、一括してお申込み下さるようお願い致します。 大会運営の都合上定員(380名)になり次第、締め切らせていただきますのでお早目の申込みをお願い致します。申込み期限を過ぎますと、早期割引料金が適用されませんので、ご注意ください。

・参加申込書: 別紙1 を参照ください

・申込み先:

第37回農薬環境科学研究会事務局
山梨大学 生命環境科学部 片岡良太 (カタオカ リョウタ)

TEL/FAX:055-220-8835

2)会費
  1. 日本農薬学会及び協賛学会(協会)会員の場合
   22,000円 (内 資料代込み参加費 8,000円、宿泊費 8,000円、懇親会費 6,000円)
  2. 上記学会の会員でない場合:
   26,000円 (内 資料代込み参加費 12,000円、宿泊費 8,000円、懇親会費 6,000円)
  3. 学生:
   11,000円 (内 資料代込み参加費 4,000円、宿泊費 4,000円、懇親会費 3,000円)


※参加費には、1日のみの参加、および懇親会の参加有無にかかわらず、参加料金は一律(研究会費+懇親会費)です(振込手数料につきましては別途負担となります)。


3)参加費および展示費振込み
参加申込み後は、下記振り込み口座に参加費をお早めに振り込み頂きますようお願い致します。また、一度振り込まれました分は返金できませんのであらかじめご了承下さい。   ご入金確認後に、折返し参加確認および参加費振込確認書をE-mailにて送付致します。 なお、参加申込み・入金確認書をもって領収書とさせていただきます。企業展示の方は代表者の参加費(8,000円)と展示費(30,000円)をお振り込みください。 また、会場ホテル宿泊希望の方は宿泊費(8,000円/人)もお振り込みください

   参加費振込先:
   口座名  農薬環境科学研究会 山梨支部
   (ノウヤクカンキョウカガクケンキュウカイ ヤマナシシブ)
   銀行名  ゆうちょ銀行 〇二九店(店番029)
   口座記号番号  00270-5-0139258、当座預金

3.ポスター発表申込み

ポスター発表は農薬環境科学全般に関するものとします。

ポスター発表: 研究会会場内で、ポスター展示にて行います。

発表を希望される方は、演題、発表者、所属等を所定の申込み用紙に記入の上、令和元年10月4日 (金) までにE-mailで下記にお申込み下さい。 また、発表希望者は、 [ポスター発表要領](別紙3)により作成した発表要旨を令和元年10月18日 (金) までにE-mailでお送り下さい。 なお、ポスターセッションを希望される方も別途参加申込みが必要となります。前項「2. 参加申込み」をご参照ください。また、若手の発表者を対象にポスター賞を授与いたします。

さらに、第6回常任評議委員会での決定事項に従い、要旨の著作権を明示し、利用許諾を円滑化するため、「日本農薬学会 著作権利用許諾誓約書」(別紙4、以下「誓約書」) に必要事項を記載し、署名・捺印の上、要旨最終版確定後、速やかに郵送で提出してください。

発表申込書 : 別紙2 を参照ください
ポスター発表要領 : 別紙3 を参照ください
誓約書 : 別紙4 を参照ください

・送付先:

担当委員(ポスター発表担当)
国立研究開発法人農研機構 西日本農業研究センター
森 伸介 (モリ シンスケ) 宛


4.宿泊先

第37回大会では参加費に宿泊が含まれております。ご出席の皆様各自にてホテル等ご予約をする必要はございません(但し、企業展示の方を除く)。 ご出席の皆様には以下のホテルに宿泊していただくことになります。部屋タイプは全てシングルではございませんので、相部屋になることもありますがご了承ください。
   


5.エクスカーション

第37回大会では、22日の午後にエクスカーションをご用意しています。エクスカーションに参加する方は22日の研究会終了後に会場でお昼を食べた後、マイクロバスで以下のコースをご案内致します。
   ※参加定員数は先着30名です。
   ※参加費3000円に昼食代が含まれています。
   【コース】所要予定時間(12:45~15:30)
鷲羽山周回 → 岡山大学資源植物科学研究所(案内:森泉教授)→ 倉敷美観地区(大原美術館)→倉敷駅(15:30頃解散)

6.事務局

[シンポジウム全般に関する問い合わせ]

国立研究開発法人農研機構 農業環境変動研究センター 有害化学物質研究領域
 高木 和広(タカギ カズヒロ)
 〒305-8604 茨城県つくば市観音台3-1-3
 TEL: 029-838-8325


[参加申込みに関するお問合せ]

山梨大学 生命環境学部 環境科学科
 片岡 良太(カタオカ リョウタ)
 〒400-8510 山梨県甲府市武田4-4-37
 TEL: 055-220-8835


[宿泊・エクスカーションに関するお問合せ]

岡山大学大学院環境生命科学研究科
 清田 洋正(キヨタ ヒロマサ)
 〒700-8530 岡山市北区津島中1-1-1
 TEL: 086-251-8348 


[ポスターセッション・企業展示に関するお問合せ]

国立研究開発法人農研機構 西日本農業研究センター
 森 伸介 (モリ シンスケ)
 〒721-8514広島県福山市西深津町6-12-1
 TEL: 084-923-5360




(2019.5.24掲載)