日本農薬学会

第42回農薬残留分析研究会 開催案内

主催:日本農薬学会、農薬残留分析研究会

日時:令和元年10月31日(木)~11月1日(金)

場所:コンパルホール(文化ホール)
   〒870-0021大分県大分市府内町1丁目5番38号
   http://www.compalhall.jp/
   交通:JR大分駅から徒歩5分




参加費等(事前登録料金):
研究会参加費: 会員 5,000円(当日7,000円)
        非会員 8,000円(当日10,000円)
        学生 2,000円(当日3,000円)

情報交換会: 8,000円

エクスカーション(先着45名): 3,500円


参加申込み:参加申込書に必要事項を入力のうえ、メールもしくはFAX.にて、下記の第42回研究会・実行委員会宛にお申込みください。 受付完了メールが1週間以内に返信されますので、ご確認ください。事前参加申込み期限は9月20日 (金)です。

発表申込み:発表申込書に演題、発表者、所属、連絡先等の必要情報を入力のうえ、メールもしくはFAX.にて、下記の第42回研究会・ 実行委員会宛にお申込みください。受付完了メールが1週間以内に返信されますので、ご確認ください。発表申込み期限は8月末日で、原稿提出期限は9月20日 (厳守)です。なお、発表形式は全てポスター発表 で、受賞者(最優秀賞、優秀賞、委員会特別賞)の方には、大会2日目に口頭での内容紹介をお願いします。

企業展示申込み:展示申込は、予定数に達したので受付を終了しました。要旨集への広告掲載を希望される場合は広告申込書に必要事項を入力のうえ、メールもしくはFAX.にて、下記の第42回研究会・実行委員会宛にお申込みください。受付完了メールが1週間以内に返信されます。広告掲載の申し込み期限は、それぞれ8月末日です。



プログラム:(詳細プログラムは変更の可能性がございます。)
10月31日(木):初日
13:00~13:10 開会挨拶:農薬残留分析研究会委員長 坂 真智子
シンポジウム「農薬残留分析に係る国際標準試験法の実際」
農薬登録制度は、昨年来の農薬取締法およびその関連法規の改正により、農薬の安全性に関する新たな知見や評価法の発達を効率的かつ的確に反映できる制度として 全面的に改訂されました。具体的には、農薬の安全性評価に係る各種規定の国際標準への調和が図られ、各種試験項目が国際的なガイドライン等に準拠となり、残留農 薬の検査部位もコーデックス標準と整合性が図られて行くこととなりました。本年の研究会では、新規導入または独立した試験項目となった各種試験項目 (OECD 505, 506, OECD残留分析ガイダンス) や,果肉と全果を対象とした部位別分析等について、経験豊かな先生方にご講演を頂き、農薬残留分析に係る具体的、且つ、詳細な内容紹介 をお願いしました。

13:10~13:55 シンポジウム講演-I
「諸外国における残留農薬分析(分析法バリデーションなど)について(仮題)」
住化テクノサービス株式会社 門岡 織江(座長:坂 真智子)

13:55~14:40 シンポジウム講演-II
「家畜残留試験等の生物を対象とした農薬残留分析について(仮題)」
一般財団法人生物科学安全研究所 内田 一成(座長:飯島 和昭)

14:40~16:20 ポスターセッション、企業展示

16:20~17:05 シンポジウム講演-III
「果肉・果皮等、農作物の部位別農薬残留分析について(仮題)」
一般財団法人残留農薬研究所 化学部 矢島 智成(座長:藤田 眞弘)

17:05~17:50 特別講演
「転炉スラグの農業分野における活用について(仮題)」
大分県農林水産研究指導センター 玉井 光秀(座長:望月 証)

18:00~20:00  情報交換会


11月1日(金):2日目
9:00 開場

9:10~10:20 企業セミナー 測定装置におけるデータインテグリティ(4社、各15分)
C-01:アジレント・テクノロジー
C-02:日本ウォーターズ
C-03:サーモフィッシャーサイエンティフィック
C-04:島津製作所   (座長:元場一彦)

10:20~11:20 ポスターセッション、企業展示
11:20~11:45 ポスター発表における受賞講演(最優秀賞、優秀賞、委員会特別賞)   (座長:小杉正樹)
11:50 閉会
12:00~17:20 エクスカーション(江藤園芸、大分県花き研究施設、中野酒造などを見学予定)
17:20頃 大分空港にて解散予定


企業展示:アジレント・テクノロジー、関東化学、林純薬工業、富士フイルム和光純薬、
     アイスティサイエンス、日本ウォーターズ、シグマアルドリッチジャパン、
     サーモフィッシャーサイエンティフィック、エルガ・ラボウォーター、
     ジーエルサイエンス、島津製作所、生物科学安全研究所

[お問い合わせ先]
第42回実行委員会:飯島 和昭(一般財団法人残留農薬研究所)
   TEL:0297-27-4516(ダイヤルイン) FAX:0297-27-4517
   E-mailは です



開催幹事(順不同):
飯島 和昭(残留農薬研究所)
上野 英二(愛知県衛生研究所)
佐藤 巧二(全農 大分県本部)
藤田 眞弘(全農 営農・技術センター)
望月 証(兵庫県立農林水産技術総合センター)

(2019.7.9 更新)(2019.5.14 更新)(2019.4.30 掲載)