日本農薬学会

日本農薬学会 論文賞

平成13年より日本農薬学会賞に論文賞が加わりました.本論文賞は,本会の会誌に掲載された報文の中から、農薬の科学・技術の面で優れた研究論文に授与し表彰するものです.(日本農薬学会)

第16号(平成28年)
濱田 崇宏, 麻薙 峰子, 里沢 智美, 安楽城 夏子, 番場 伸一, 東村 紀一, 明瀬 智久, 平瀬 寒月
Takahiro Hamada, Mineko Asanagi, Tomomi Satozawa, Natsuko Araki, Shinichi Banba, Norikazu Higashimura, Tomohisa Akase, Kangetsu Hirase
「新規イネいもち病殺菌剤トルプロカルブのメラニン生合成経路における作用機構:従来のメラニン生合成阻害剤とは異なる作用点」
"Action mechanism of the novel rice blast fungicide tolprocarb distinct from that of conventional melanin biosynthesis inhibitors"
第15号(平成27年)
元木 裕, 岩船 敬, 清家 伸康, 大谷 卓, 浅野 眞希
Yutaka Motoki, Takashi Iwafune, Nobuyasu Seike, Takashi Otani, Maki Asano
土壌有機炭素の質の違いが農薬の土壌吸着に及ぼす影響
Effects of organic carbon quality on the sorption behavior of pesticides in Japanese soils
第14号(平成26年)
近藤 圭、Julien Boulange、Thai Khanh Phong、平松 和明、井上 剛、渡邊 裕純(東京農工大学、クイーンズランド大学、九州大学、福岡県南広域水道企業団)
Kei KONDO, Julien BOULANGE, Thai Khanh PHONG, Kazuaki HIRAMATSU, Tsuyoshi INOUE and Hirozumi WATANABE(Tokyo University of Agriculture and Technology, University of Queensland, Kyushu University, Water Supply Authority of Southern Fukuoka Prefecture)
Probabilistic assessment of herbicide runoff from Japanese rice paddies: The effects of local meteorological conditions and site-specific water management
(37巻 pp. 312~322, 2012)[和文要旨英文要旨
第13号(平成25年)
中尾 俊史、浜 まさ子、河原 信行、平瀬 寒月(三井化学アグロ)
Toshifumi NAKAO, Masako HAMA, Nobuyuki KAWAHARA, Kangetsu HIRASE(Mitsui Chemicals Agro, Inc)
Fipronil resistance in Sogatella furcifera: Molecular cloning and functional expression of wild-type and mutant RDL GABA receptor subunits
(37巻 pp. 37~44, 2012)[和文要旨英文要旨
第12号(平成24年)
高 光旭、岡田 憲典(東京大学)、古賀 仁一郎(明治製菓)、軸丸 裕介(理研)、野尻 秀昭、山根 久和(東京大学)
Kwang-Wook KO, Kazunori OKADA(The University of Tokyo), Jinichiro KOGA(Meiji Seika), Yusuke JIKUMARU(RIKEN), Hideaki NOJIRI, Hisakazu YAMANE(The University of Tokyo)
Effects of cytokinin on production of diterpenoid phytoalexins in rice
(35巻 pp. 412~418, 2010)[和文要旨英文要旨
第11号(平成23年)
稲生圭哉,水谷浩之,與語靖洋,池田光政(農業環境技術研究所、クミアイ化学)
Improved PADDY model including photoisomerization and metabolic pathways for predicting pesticide behavior in paddy fields: Application to the herbicide pyriminobac-methyl
(34巻 pp. 273~282, 2009)[和文要旨英文要旨
第10号(平成22年)
吉田隆延(農業環境技術研究所),川部眞登(理研),宮田雄一郎,寺岡 徹,有江 力(東京農工大学)
Biocontrol activity in a nonpathogenic REMI mutant of Fusarium oxysporum f. sp. conglutinans and characterization
(33巻 pp. 234~242, 2008)[和文要旨英文要旨
第9号(平成21年)
橋本良子(東京都農業総合研究センター)
Reduction of dieldrin concentration in cucumber fruits using Cucurbita rootstocks and activated carbon
(32巻 pp. 229~234, 2007)[和文要旨英文要旨
第8号(平成20年)
河合 清,角 康一郎,井沢典彦,清水 力(クミアイ化学),福田篤徳,
田中喜之(農業生物資源研究所)
A novel mutant acetolactate synthase gene from rice cells, which confers resistance to ALS-inhibiting herbicides
(32巻 pp. 89~98, 2007)[和文要旨英文要旨
第7号(平成19年)
岡田晃佳,坂野真平,一石昭彦,木村 真,山口 勇,藤村 真(東洋大学)
Pyrrolnitrin Interferes with Osmotic Signal Transduction in Neurospora crassa.
(30巻 pp. 378~383, 2005)[和文要旨英文要旨
第6号(平成18年)
藤澤卓生・片木敏行(住友化学)
Oxidative Activation and Degradation of Organophosphorus Pesticides Mediated by Iron Porphyrins.
(30巻 pp. 103~110, 2005)[和文要旨英文要旨
第5号(平成17年)
柿谷 均(東ソー)、平井 憲次(相模中央化学研究所)
Three-Dimensional Modeling of Plant 4-Hydroxyphenylpyruvate Dioxygenase, a Molecular Target of Triketone-Type Herbicides.
(28巻 pp. 409~415, 2002)[和文要旨英文要旨
第4号(平成16年)
真鍋 明夫(住友化学工業)
Synthesis and Fungicidal Activity of α-Cyanoacetamide Derivatives : Discovery of a New Rice Blast Fungicide, Diclocymet (S-2900).
(27巻 pp. 257~266, 2002)[和文要旨英文要旨
第3号(平成15年)
村田 伸治(日本農薬)
Mechanisms of Selective Action of a Protoporphyrinogen IX Oxidase-Inhibiting Herbicide Pyraflufen-ethyl between Wheat (Triticum aestivum) and Cleavers (Galium aparine)
(27巻 pp. 47~52, 2002)[和文要旨英文要旨
第2号(平成14年)
都築 学(住友化学工業)
Thermodynamic Estimation of Vapor Pressures for Carbamate Pesticides
(26巻 pp. 48~54, 2001)[和文要旨英文要旨
第1号(平成13年)
新木康夫(日本バイエルアグロケム)
Enhancement of Phytoalexin Synthesis during Rice Blast Infection of Leaves by Pre-treatment with Carpropamid.
(24巻 pp. 369~374, 1999)[和文要旨英文要旨